keybord-pen

初めての独自ブログサイトをおすすめのXSERVER+TheThorで作る

  • 2020-03-07
  • 2020-07-27
  • 全体
  • 51view

初めてレンタルサーバーを借り、独自ドメインを取得してブログを作った体験に基づくかなり簡略化した手順の説明です。今回、レンタルサーバーはxserverさんと契約し、WordPressのテーマとしてTheThor(ザ・トール)を選んで実際にブログ設立、記事投稿、公開まで行った内容についての説明させていただきます。

概要

どうしてレンタルサーバーとしてxserverを 選んだのか、またWordPressのテーマにTheThor(ザ・トール)を採用した理由ですが、安定性と高速化を追求し、少し費用はかかるが性能面で後悔しない選択を様々な情報から考慮した結果、この組合せを選択しています。 TheThor に関しては、一度購入すると購入者が管理する 複数のサイト で使用することが許可されています。(2020年3月時点)

もちろん他の選択肢も今後、別の機会にトライして行く予定ですが、まず第一弾として、定番の1つである今回の構成でブログ公開まで作業を行います。レンタルサーバー契約と独自ドメイン契約をxserverで一括で行うことで、 作業の手順をなるべく減らすことができます。管理画面からサーバー設定やドメインの管理が一括して行えるので作業がとても簡単になります。

ブログサイト作成手順(xserver+WordPress:TheThor編)

レンタルサーバーと独自ドメインを決める

レンタルサーバーとして公開可能なブログファイルの保管場所と、独自ドメインとして外部からのブログサイトを参照するためのURLアドレスを選択し契約します。

xserverの場合ですと、両方の設定が一度にできるので手間が省けてとても簡単です。例えばこのブログサイトですと、独自ドメインは、https://s-erver.comとしています。いろいろなアフェリエイターやブロガーに愛用されており、多くのみなさんが使われています。

WordPressのインストール

契約したレンタルサーバーによっては、WordPressを別途ダウンロードし、インストールするなど、動作する環境をご自身で整えなければならないところもありますが、 xserverですとWordPress(無料)のインストールもボタン1つでできてしまうのでとても簡単です。さらに無料版のSSL(暗号化通信によるセキュリティ向上のためにhttp://をhttps://にする手続き)をサポートしていますので、xserverの設定のボタン1つで、とても簡単に行えるようになっています。反映には数分から数十分程度かかる印象です。あとの設定としては、WordPressのURL設定をs付きに変更し、必要に応じてxserverの設定画面から、.htaccessも適時変更することで、 http://で外部からアクセスされても、スムーズに 通信の暗号化対応のhttps:/に誘導することができます 。

WordPressのテーマを選択

WordPress の表示デザインを変更したい場合は、WordPressのテーマを選択することができます。

ドットインストールのWordPress講座のサービスなどで、ご自身で勉強して実装できるようにするのもありですが、とりあえず無料のものをいろいろ試して、お気に入りのデザインを見つけたら、そのデザインを使うのが良いです。

無料のテーマにも良いものが多いのですが、お金に余裕があれば、別売り有料のTheThorをおすすめします。

特にTheThorのデモサイトでこのデザインを使ってみたいというのがあれば、複数の子テーマを選べるので、選択の幅が広がります。

SEO対策もされており、別途必要なプラグインも最低限で済みます。そのためロード時間が少なく表示が高速となり、複数プラグインによる干渉で引き起こされるプログラム的な問題も最小限に抑えることができます。

後々、WordPressで管理しているPHPのコードの勉強にも役に立つかもしれません。

WordPressの初期設定

設定一般からタイトルの設定、パーマネントリンク、プラグインのインストールからCustomizer Export/Importをインストールし、デモサイトからダウンロードしたスタイルを反映させます。また余計なウイジェットのコンテンツなどを削除します。デフォルトのテーマやスタイル導入時についてる自己紹介文のサンプルの説明文などを必要に応じて編集や削除します。

ブログ記事の作成について

ブログ記事の作成について簡単にまとめますと次のようになります。

  1. ダッシュボードの投稿->新規追加をクリックします
  2. 記事のテーマを決めます(例えばブログ作成について初めての人に開設方法を説明するなどです)
  3. 見出しを作成します(このブログの場合は①ブログ作成の手順②ブログ内容の作成例 などです)
  4. 各見出し毎に記事を書きます(頑張って1記事800~1000文字を目指してください)
  5. 必要に応じて画像やリンクを配置します
  6. 記事内容とレイアウトを確認し、問題なければ公開します

まとめ

今回は、初めての独自ブログをxserver+TheThorで作るという題でブログサイト開設の手順と、ブログ記事の作成について簡易的ではありますが、説明させていただきました。ご参考になれば幸いです。このブログサイトの場合は、xserver(有料) + WordPress(無料) + TheThor(有料) で運用しています。The Thor (ザ・トール)のデザインは9種類の中の4番をスタイルを選択しています(2020年3月時点)。

レンタルサーバーサービス会社のXSERVERの公式サイト

WordPressテーマのTHE THORの販売ページ

高速インターネット回線サービスNURO光のサイト

関連の記事(セキュリティ)